ブログ

news

    トップページ > ブログ > GW釣行

     2022年05月07日  勝手口の人      

   

GW釣行

久々の釣りネタになりますが
GW中にシーバッシング(鱸釣り)行って来ました。
前日に『〇〇の河口に鰯が入っている』と情報をもとに朝練出動
この時期は餌となるベイト(鰯等の小魚)がどこに入って(接岸)しているかを
見つけるのが釣果アップのキモになってきます。
夜明け前に河口に到着も入りたかったポイントにはすでに先行者有り(2人も)
残念!と思いながら少し離れた下流側に入り釣り開始。
やはり鰯が入っている情報はみんな知っていて次々シーバスアングラーがやってきます。焦る気持ちを押さえながらキャストを繰り返します。
夜が明け辺りが少し明るくなって来た頃少し水面がざわつきはじめ
鰯、小魚の群れが回遊してきました。その群れを追って鱸、青物も入ってきて
ところどころで水面捕食音がバフ、バシャと聞こえて来ます。
こうなって来るとこちらもテンションマックス状態 はやる気持ちを押さえながら
キャストー。そして数投後 ガツン と衝撃と共にフッキングと同時にリールのドラグが
ジィージィーと唸りながら糸が出されて行きます。これは青物(ハマチ)やーと思い
焦りながらもファーストランを何とか耐えロッドを立てファイト開始です。
一直線に沖へ向かって突っ走ります。ロッドを弓なりにためなが魚の走りを止めて行きます。そうしていると沖逃げるのは無理となると今度は左右に走り出します。
魚の進行方向にロッドをためながらリールを巻いては出され巻いては出されを繰り返しながら少しずつ引き寄せて来ます。寄せてきたら足元に沈んでいる消波ブロック帯に
張り付こうと突っ込んで来ます。ここが正念場 突っ込みを竿を前に出してためながらひたすら耐えます。ようやく左右に泳ぎながら浮いてきた魚をみて気を抜かずにネットに誘導してランディングに成功!ヨッシャー
上がってきたのは綺麗なハマチ(65cm)でした。鱸狙いだったのでタックル(仕掛け)がライト(弱め)だったのもあり
とてもスリルのあるやり取りでした


と喜んでいる場合ではなくこのチャンスタイムに釣らないと、余韻に浸る間もなく
釣り再開。(右腕はもう疲れきっていますが)
この後 狙いの鱸もキャッチ出来てとてもいい釣行となりました。


毎回こんな感じならいいのですがそうはいかないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です