ブログ

news

    トップページ > ブログ > 目標

     2021年04月09日  ぴかぴか親父      

   

目標

 

今年で工業高校の建築科を卒業して44回目の春を迎える。

44年前の目標は二級建築士、そして4年後合格した。

結婚し、子どもを授かり、27才で一級建築士となった。

 

孫も二人生まれ、もう、人生のコップの水も残りが見えてきた。

父が逝き母が去り今、妻と二男と三人で暮らすここは限界集落から消滅集落へ。

「花(樹)を植えよう」

誰かがこの場所へ帰って来た時、花が咲いていればこころが和らぐだろう。

また、ここへ帰ってこようと。

剪定し、下草を刈り、肥料を撒く。

誰も見ていない単調な作業が続く。

 

今年も梅から桃とミモザ、桜にモクレン、黄梅、花海棠と季節を忘れず咲いてくれた。

  

 

  

 

今からツツジにサツキに夏椿とカロナイナジャスミン、モッコウバラ

夏が近づくとノウゼンカズラが梅雨明けを告げ、真夏はサルスベリ

秋口には金木犀の香り、そしてモミジや落葉樹の紅葉

霜が降りて大きな花を咲かせていた皇帝ダリアが枯れて行く

そして、葉を落としたサルスベリの枝に雪が積もり一年が終える。

 

さあ目標を持ち続け、残りのコップの水でどれだけやれるかやってみよう。

少年(少女)老い易く学成り難し

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です