お知らせ

news

    トップページ > ブログ > 剣山登山

     2019年05月09日  帰ってきたY      

   

剣山登山

皆様ゴールデンウィークいかがお過ごしだったでしょうか?

我々スバル設計「歩こう会」は4月27日に剣山登山に行ってまいりました。

 

歩こう会とは、スバル設計の社員やその家族含めて、

仕事以外でも親睦を深めることを目的とした団体です。

今回は大人7名、子ども1名の計8名で開山前の剣山に行ってきました。

 

一週間前から天気予報を見ていると、四月の終わりだというのに、頂上は「-4°」の予報・・・

季節外れの寒波とまさかのブッキング・・・

服装は、本来なら少し厚めの格好でいいはずですがこれはさすがにやばいと思い

真冬並みの防寒対策をして出発。

 

正直そこまでしても不要かなと、かすかな期待を抱いてはいましたが、車で登るに連れて

どんどん気温は下がっていき、山肌には雪まで積もっている始末・・・

しかしゴールデンウィーク初日ともあり、人足もそこそこ多く、

リフトも動いていたので予定通り登山開始。はじめはリフトで西島駅まで登ります。

 

リフトを降りた後はいくつかコースがありますが、比較的登りやすいコースで頂上を目指します。

 

やはり登山道は雪が少し積もっており滑らないように注意しながら登ります。

みんな登山は同じ歩こう会で何回か登ったことがあるので装備も心得もそれなりに会得しているので

順調に登っていきます。

 

   

 

剣山は比較的登りやすい山なのでリフトからゆっくり上っても一時間ぐらいで登れました。

ちょうど時間もお昼時だったのでご飯にすることに。しかしここでハプニングが!

登る前にコンビニで買ったカップラーメンを作ろうと携帯コンロを取り出したのですが

強風で火が付きません!せっかく頂上であったかいラーメンを頬張ろうと思っていたのに・・・

しかたなく頂上ヒュッテであったかいうどんをいただきました。ほんと、ヒュッテがあってよかった・・・

小一時間ぐらい休んでから頂上を目指します。

ヒュッテから頂上までほんの10分程度なのですが、その間で

普通に立っているのが難しいほどの強風が吹き荒れ、気温の低下も相まって

手足の感覚がどんどん失われていきます。

しかし頂上で記念撮影をしないと帰れない!と自分達を鼓舞し、ほかの登山客の方に

お願いしてパシャリ。撮影後すぐ様下山開始!

 

 

帰り道は登ってきた道とは別のルートで下ります。

ちょうどそのころには曇りがちだった空も晴れ間が少し出てきてそれはそれは雄大な景色が拝めました。

 

      

 

登るときはひたすら寒いだけでしたが、心なしか少し暖かくなったようでまさしく「白銀の世界」と

言うような景色も見れました。

登るときに聞いたのですが四月の終わりのこの時期に雪が積もったのは初めてだったそうです。

季節外れの寒波のおかげで素晴らしい景色が見れたことはよかったと思います。

帰りも今回はリフトで下り、冷え切った体を温泉に浸かってゆっくり温めました。

その後はみんなで晩御飯を食べて各自無事に帰路につきました。

やはりみんなでなにか活動すると言うのは楽しいもので、なかなか一人だと発案しにくいことも

この「スバル設計 歩こう会」を通していろいろな活動を企画・実行できるのはよいことだと思います。

これからも登山以外にもいろいろな活動を企画し、みんなで楽しみたいと思います。