父の背中と息子の背中

Posted by Mt.   2017-04-21

北窓からの明かりと ウグイスのさえずりに気付き

思わず目が覚める。新聞を取りに玄関の扉を開けると、

少し冷たいが心地よい風が頬を撫でる。 

ふと目を下に向けるとツツジの花が咲いている。

父が毎日世話をかけている植木鉢の花が色付いている。

しゃがんで水を欠けていた背中が誇らしい。

今年進学を決めた息子は起きているだろうか。

遅刻をしたくないため早寝早起きを決めたらしい。

家でいた時とは想像ができない行動だ。

 

進学地で一緒に歩いた事を思い出す。

いつの間にか自分の前を歩く背中が今朝の風と被る。

 

 

自分の背中はどうだろう?

ちゃんと背筋を伸ばして、今日をがんばろう!

 

by Mt.

 

 

 

Copyright© 2012 Subaru-Arc All Rights Reserved.

〒771-2305 徳島県三好市三野町太刀野5-6
電話:0883-77-3466(代表) FAX:0883-77-3112