バリアフリー考察

Posted by S.N   2014-02-26

最近はほとんどの建物に身障者WCがあります。

表現方法は「車いす便所」とか「多目的便所」とかいろいろですが、身障者WCといえば
最初に思いつくのが直径150cmの円が内接するという規定です。
しかし、これは下半身だけが不自由で、自分で車いすを操作できる人が回転できる寸法です。
介助者が後ろにいて車いすを押す場合、全然回れません。前進で入ってバックで出てくることになります。

これはエレベーターも全く同じです。ショッピングセンター等の大きなエレベーターで同乗者が少ない時
は回転できますが、小ぶりのエレベーターでは回れません。

また、ほとんどの身障者WCにベビーベッド(おむつ替え用)がついていますがせいぜい2才くらいの
子供しか乗せる事ができません。身長にすると90cm以下くらいでしょうか?
もっと大きくておむつをせざるを得ない子供(大人?)はベッドに乗る事すらできません。落ちてしまいます。

最近行ったショッピングセンターは比較的新しい店でしたので、数カ所ある身障者WCのうち1階に1カ所
2階に1カ所「オストメイト対応WC」と言うのがあって、かなり大きな折りたたみベッドが装備されていました。
あえて店名は控えますが、徳島県内のショッピングセンターでは一番使いやすいと思いました。

ここ最近(12月と2月)に小学校のホームページに娘が載りました。頑張っているようです。

           ~Mちゃんのパパ~

Copyright© 2012 Subaru-Arc All Rights Reserved.

〒771-2305 徳島県三好市三野町太刀野5-6
電話:0883-77-3466(代表) FAX:0883-77-3112