つばめの観察

Posted by 緑色   2015-06-16

私の夏の楽しみはつばめを観察することです。

 

今回は親戚の家でつばめが巣を作っていると話を聞いたので観察に伺いました。

例年その家はつばめが巣を作るのですが、蛇に襲われることが多く、

今年はどうかと心配していました。

巣に近づくとすでに1羽が巣立ちかけており、巣からでて近くの鉄骨に掴まっていました。

 子ツバメ

近くに親つばめもいて巣立ちを促していましたが、子つばめはすぐに巣に戻ってしまいました。

 親ツバメ

巣を見るともう親と変わらないくらい大きくなった子つばめが押しくらまんじゅうをしていました。

よく見ると六つ子です。

 六つ子

親と同じくらい大きな子ツバメですから、たくさん食べるのか、親も忙しそうに獲物を運んでいました。

1分に一度くらい戻って来て、子に捕まえた虫を与えていました。

 子ツバメ

最近は田植えをする農家も少なく、虫の取れる狩場が少なくなるにつれてつばめがすくなくなっています。

いつかつばめがいなくなってしまうのかもしれませんが、来年も、再来年も来てほしいと思います。

 子ツバメ

 

後日伺うと巣は空になっていました。

無事に6羽巣立ったそうです。

来年も来てくれるでしょうか。

 空になった巣

 

緑色

 

コメント1件

Copyright© 2012 Subaru-Arc All Rights Reserved.

〒771-2305 徳島県三好市三野町太刀野5-6
電話:0883-77-3466(代表) FAX:0883-77-3112